【運命の出会いを探そう】レプタイルズフィーバー2019【まもなく開催】

スポンサーリンク
レオパイベント・レジャー
スポンサーリンク

普段はUSJに出没しているおひとりさまデフォの管理人です。

ユニバ以外にも1人で遊べる楽しいイベントやスポットがあるので今日は番外編レプタイルズフィーバー2019の紹介させていただきます。

スポンサーリンク

レプタイルズフィーバーの概要

レプタイルズフィーバーとは2019年7月6日(土曜日)と7月7日(日曜日)午前10:00〜午後5:00に開催されるイベントです。

どんなイベントかというとイベント名で何となく見当のついている方もいらっしゃるとおもいますが爬虫類や両生類だけでなく猛禽類や犬猫以外のいわゆるエキゾチックアニマルと言われるほ乳類、昆虫類といった生体のほかに関連用品や飲食ブース、素敵なアニマルグッズという実に幅広いジャンルの展示販売イベントです。

ステージイベントもあり、初心者の人からマニアの人まで楽しめる内容となっていますよ。

毎年冬と夏の年2回開催されていてついつい毎回足を運んでしまいます。

会場は大阪南港ATCホール、入場券は大人¥1,100です。

今なら前売り券が¥900で発売されていますよ。

前売り券の扱いは

ローソンチケット(Lコード:53516)
チケットぴあ(Pコード:992-265)
そのほかセブンチケット やe+となっています。

コンビニやプレイガイドでお買い求め下さいね。

スポンサーリンク

レプタイルズフィーバーの会場ATCホールへのアクセス

地下鉄・ニュートラムご利用の場合は「トレードセンター前」駅で降りて下さい。

降りて徒歩約3分です。

とにかくATCにたどり着けばよかろうと思って中ふ頭駅で降りると端から端まで歩く事になります。

はい、管理人やらかした事があります。

おひとりさま行動の場合誰かと相談が出来ないので下調べ大事です。

1FがATCホールのエントランスとなっています。そこからエスカレーターでB2階まで降りたAホールが会場となっています。

ちなみにATCホールにはAからEまで5つのホールがありますがAホールが断トツに大きく2,900㎡となっています。

規模の大きさわかっていただけるでしょうか。

会場を埋め尽くすブースに並ぶさまざまな生体は圧巻ですよ。

スポンサーリンク

レプタイルズフィーバーにおける注意点

レプタイルズフィーバーにおける注意点がいくつかあります。

ペット同伴不可

ペットのイベントだからこそペット同伴はやめて下さい。

ケージに入れていてもペットの同伴不可という事になっています。

当日の会場内には本当にたくさんの生体がいます。

生き物同士ですので何が起こるかわかりません。

トラブル防止のためにもお願いします。

会場内で何かトラブルになった場合は当事者同士で対応するようにというのが主催者側からのアナウンスです。

会場で購入された生体も万一ということがないよう必ずケージに入れるようにしてあげて下さいね。

生体に触れてもいいのはふれあいコーナーだけ

触れ合いを主目的としたふれあい広場は別途会場内に入場料¥200で設置されています。

うさぎやヘビ、トカゲといった(わりと)メジャーな生き物だけでなくヤマアラシも来るみたいですよ。

出展ブースにいる生体は触れ合い目的で連れてこられてはいません。

気になる生体がいた場合に状態を確認出来るように出展者の方が見せてくださる事もありますが、不用意に触れる事で生体にストレスを与えたりしないようにしてあげて下さい。

特に飼育経験のない生き物の衝動買いは気を付けて

運命の出会いもあると思います、もちろん。

でも生き物ってそれなりに飼育するために環境整えてあげないとだめなんです。

私たちが暖房やクーラーをいれて快適な環境に調節するように、お迎えしたペット達にとってちゃんと快適な環境を365日24時間用意してあげる事は可能ですか?

生き餌でないと駄目な生き物もいますが餌の入手は出来ますか?

珍しい生き物やカッコいい生き物、可愛らしい生き物たくさんいますしイベント価格でびっくりするくらい綺麗な個体がお買得なんですよマジで。

この記事に書いてあるような事は百も承知っていう爬虫類上級者の方は遠慮なくばーんと財布の中身放出してきて下さい。

何となく面白そうだなってこの記事みて興味持って下さったような方にお願いします。

どんな生き物にもその生き物に適した飼い方があるのでお迎えするなら色んな事調べて長生きできるように大事にしてあげて下さいね。

スポンサーリンク

レプタイルズフィーバーの個人的な見所

レオパ

レオパードゲッコウもしくはヒョウモントカゲモドキ、通称レオパ。

爬虫類ブームの火付け役といってもいいでしょう。

ミーハーと言われてもいい、とにかく可愛い。

レオパを出してくる出展者さん今回も多いと思います。

以前の話になりますが本当に目移りしちゃって会場の中ずっとうろうろしてましたもん。

体表の色や模様だけでなくて目が黒一色でくりっとしてる個体や瞳孔がしっかり見えて爬虫類っぽい個体とか本当に奥深いんですよ。

前回は身体の色のオレンジ色の発色が綺麗で赤みの強い個体を中心に見てまわってたんですね。

比較しながら何度もうろうろしてるのに気がついたのか何周もしてるうちにいろんなブースの方が声をかけて下さったのですが飼い方とか注意点とか皆さん本当に詳しいです。

餌のやり方とかいろんな考え方があるなって勉強になりました。

そしてなんていうか生体を売りたいっていうより扱ってる生き物が好きなんだなぁっていうのが伝わって来ました。

ボールパイソン

家族が絶対拒否するのはわかってるのですがボールパイソンもカッコいいから好きでつい見て回ってしまいます。

ボールパイソンにナギニって名前をつけたい。

管理人、永遠の厨二病です。

ボールパイソンも人気のある爬虫類です。

いろんなモルフの個体が一堂に会するので目の保養ですよまじ。

これかっこいいなって思うと大抵お値段も「お、おぅ…」ってなるので衝動買いしなくてすむんですけどね!

その他の生き物や植物

虫もいいですよ、カブトムシやらタランチュラといったごっついのが去年はいろいろといました。

今年も期待しています。

もちろん爬虫類や両生類ばかりではなくてフクロウとかハリネズミとかチンチラ、フェネックといった可愛い系の生き物もたくさん来てました。

去年はミニヤギがいて連れて帰りたい衝動を抑えるのが大変でした。

あとなぜかエアプランツ扱ってる業者さんもいましたね。

昔空気中の水分だけでオッケーとか言って流行らせた人たちには反省をして欲しいです。

100均とかで明らかに乾燥し過ぎてドライフラワーになってるの未だに見かけます。

でもこういうイベントに出展するだけあって並んでいるのはコンディションのいいものばかりでした。安心。

このイベントに関しては毎度のことですがなぜ私のストライクゾーンをことごとく攻めてくるんですかと心から聞きたい。

いろいろな生き物が来るよ、ってのわかっていただけたと思います。

お腹がすいたなら飲食ブースも出ています。

美味しそうな匂いにつられちゃいますね。

あといろいろ可愛いグッズも扱っているのでそっちは遠慮なく衝動買いしちゃって下さい。

スポンサーリンク

レプタイルズフィーバーまとめ

レプタイルズフィーバー2019は7月6日(土曜日)と7月7日(日曜日)午前10:00から午後5:00に開催されます。

会場はATCホール、最寄駅はトレードセンター前駅になります。

大人¥1,100(前売り券は¥900)

ローソンチケット(Lコード:53516)
チケットぴあ(Pコード:992-265)
そのほかセブンチケット やe+で前売り券販売中です。

会場へのペット同伴不可です。

触れ合い目的となっているのは別途¥200で入れる触れ合い広場だけです。

本気で目当ての生き物買いにくるガチ勢の方ももちろんいらっしゃいますが入場料払って見に行くだけでも価値のあるイベントです。

1人暮らしでも飼いやすいと言われている爬虫類・両生類。

奥深い魅力がたまらないので是非会場に足を運んでみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました